よく使うhtaccess
cman.jp cman.jp > よく使うhtaccess > 解説・自動作成 > CGI,PHP拡張子変更

htaccessによるSSI,CGI,PHPなどの拡張子変更

セキュリティーの観点やサイトの引越し、ページのリニューアルなどにより、「SSI」「CGI」「PHP」の拡張子を「.html」などで実行したい場合があります。
通常、「SSI=.shtml」「CGI=.cgi または .pl」「PHP=.php」が拡張子となりますが、htaccessを利用すれば、それぞれの拡張子を変更することができます

広告

ファイル拡張子変更 作成

以下でファイルアクセス制限のhtaccessを作成することができます。

本来の拡張子 変更する拡張子
.SSI

(例) 変更する拡張子「.html」の場合、「html」を指定

.CGI

(例) 変更する拡張子「.html」の場合、「html」を指定

.PHP

(例) 変更する拡張子「.html」の場合、「html」を指定

ページTOP

ファイル拡張子変更 解説

構文例
# SSIを「.html]で実行
AddType text/x-server-parsed-html .html .htm
# CGIを「.chtml」で実行
AddType application/x-httpd-cgi .chtml
# PHPを「.phtml」で実行
AddType application/x-httpd-php .phtml .phtm
text/x-server-parsed-html

SSIを実行する拡張子を指定する

application/x-httpd-cgi

CGIを実行する拡張子を指定する

application/x-httpd-php

PHPを実行する拡張子を指定する

拡張子を複数指定する場合はスペース区切りで指定を行います
ページTOP

ファイル拡張子変更サンプル

以下のボタンでサンプルをご確認いただけます。

サンプル
ページTOP
広告
QrCode
このページのURL
スマートフォン・タブレット運営:株式会社シーマン