よく使うhtaccess
cman.jp cman.jp > よく使うhtaccess > 解説・自動作成 > デフォルトページ

htaccessによるデフォルトページの設定

ブラウザのURLにディレクトリまでを指定した場合、Apacheの初期設定で定義されているページが表示されるようになっています。
通常は、デフォルトページとして「index.html」「index.shtml」「index.htm」などがhttp.confで定義されています。
独自にデフォルトページを変えたい場合は、htaccessで変更することができます。

たとえば、ブラウザのURLに「http://www.example.jp/」と指定された場合は、http.confに指定された「index.html」などのデフォルトページが開かれますが、htaccessで設定を行えば、デフォルトページを「index.php」などに変更することも可能です。
index.phpやindex.cgiをトップページとして使用する場合にhtaccessの設定を行うケースが多くあります。

広告

デフォルトページの変更 作成

URLでディレクトリまでのPATHが指定されたときに、デフォルトで表示するページを指定(変更)することができます。

デフォルトページ
優先1 :
優先2 :
優先3 :

(例)「index.php」「main.html」

ページTOP

デフォルトページの変更 解説

構文例
DirectoryIndex index.php index.html main.html

上記は次を意味しています

URLにディレクトリのパス(例)「http://www.example.jp/」「http://www.example.jp/info/」が指定された場合、該当ディレクトリ内を次の優先順位で検索して表示する。

「index.php」 > 「index.html」 > 「main.html」

→ 上記のページが存在しない場合は、通常「403 Forbidden」エラーとなります。

ディレクトリ内の一覧が表示される場合は「ファイル一覧・ディレクトリ一覧の可否」参照ください。

DirectoryIndex

URLにディレクトリのパスが指定された場合に表示するページ(ファイル)を指定します。

優先順位を付けて複数指定する場合は、スペース区切りで指定できます。

(例)上記htaccessを使用した場合、以下の赤色ページがデフォルトページとなります。
ページTOP

デフォルトページの変更 サンプル

以下のボタンでサンプルをご確認いただけます。

サンプル
ページTOP
広告
QrCode
このページのURL
スマートフォン・タブレット運営:株式会社シーマン