よく使うhtaccess
cman.jp cman.jp > よく使うhtaccess > アップロード

htaccessアップロード(設定)方法

「.htaccess」「.htpasswd」ファイルはFTPソフトでアップロードすれば、すぐに機能が有効となります。もし、アップロードを間違えた場合、アップロードした瞬間から、サーバーエラー(Internal Server Error)などが発生することがありますので、ご注意ください。

htaccess動かに場合やエラーとなる場合は「htaccessが動かない時」もご確認ください。

広告

htaccessのアップロード手順「Linux、Unix環境の場合」

以下は「FFFTP」(代表的なFTPソフト)を使用している場合に、htaccessファイルをアップロードする方法となります。説明画面はFFFTPのVer1.97となります。他のバージョンは画面イメージが若干異なる場合があります。
※FFFTP以外のFTPソフトは、それそれのソフトのHELPなどでご確認ください。

  1. サンプルの前提
    Windowsパソコンでhtaccessファイルを「htaccess.txt」のファイル名で作成した場合の手順となります。
    【サンプルでアップロードするhtaccessファイル】

  2. 名前を変えてアップロード
    転送モード:「アスキーモード」を選択して、目的のディレクトリに「名前を変えてアップロード(P)」を行う。

  3. アップロード名
    名前を「.htaccess」に指定する。

  4. パーミッションの変更
    「属性変更(A)」を選択

  5. パーミッションの指定
    属性を「604」に指定する。
    ※レンタルサーバーなどの場合、パーミッションが指定されている場合がありますので、利用サーバーのマニュアル等もご確認ください。

  6. アップロードの確認
    「種類:htaccess」「属性:rw----r--」になっていることを確認してください。
    ※すでに反映していますので動作確認を行ってください。
    ※アップロードしたはずの「.htaccess」ファイルが見れない場合は、「htaccessが表示されない」をご確認ください。

※「.htpasswd」をアップロードする場合は、同様の手順でアップロードしてください。
※アップロード後の改行コード確認は「改行コードの確認」メニューをご確認ください。

ページTOP
広告
QrCode
このページのURL
スマートフォン・タブレット運営:株式会社シーマン