よく使うhtaccess
cman.jp cman.jp > よく使うhtaccess > 解説・自動作成 > ファイル一覧の拒否

htaccessによるファイル一覧・ディレクトリ一覧の可否

URLにディレクトリまで指定され、デフォルトの表示ページが見つからない場合、ディレクトリ内のファイル一覧を表示するかをhtaccessで指定できます。
デフォルトページの設定は「ファイル一覧・ディレクトリ一覧の可否」参照ください。

たとえば、「cgi-bin」や「css」など公開ページが配置されていないディレクトリも多くあると思います。この場合、「http://www.example.jp/cgi-bin/」と指定された場合は、ファイルの一覧を表示するかしないかをhtaccessで指定することができます。

ファイル一覧の可否は、サーバの設定でデフォルトが決まっています。デフォルトを変更したい場合にhtaccessで変更します。

広告

ファイル一覧・ディレクトリ一覧の可否 作成

URLでディレクトリまでのPATHが指定されたときに、デフォルトで表示するページを指定(変更)することができます。

表示可否
ページTOP

ファイル一覧・ディレクトリ一覧の可否 解説

表示される画面

以下の構成のディレクトリがあり、該当のディレクトリにアクセスがあった場合、htaccessの設定によって表示される画面は異なります。

ブラウザで「http://www.example.jp/sample/」など上記ディレクトリが指定された場合、以下のように表示されます。

ファイル一覧の表示を拒否する場合

エラーページの表示は変更可能です。「エラーページの設定」をご確認ください。

ファイル一覧の表示を許可する場合

htaccess構文

構文例
Options -Indexes
Options Indexes
Options -Indexes

ディレクトリ一覧の表示を拒否する。

ディレクトリまでのURLが指定された場合は、エラーコード(httpステータスコード)が403となります。
エラー時のページ表示は変更可能です。「エラーページの設定」をご確認ください。

Indexes

ディレクトリ一覧の表示を許可する。

セキュリティの観点よりご注意ください。ディレクトリ内に間違ってファイルをアップロードした場合や一時的な保存ファイルも参照対象となります。

ページTOP

サンプル

以下のボタンでサンプルをご確認いただけます。

サンプル
ページTOP
広告
QrCode
このページのURL
スマートフォン・タブレット運営:株式会社シーマン