よく使うhtaccess
cman.jp cman.jp > よく使うhtaccess > サンプル > エラーページの設定

エラーページの設定の動作サンプル

実際に動作するエラーページの設定のサンプルを掲載しています。
サンプルをご確認のうえ、htaccessファイル作成してください。
当サイトでは、htaccessの作成機能もありますので、是非ご利用ください。

広告

サンプル確認

ディレクトリ構造とファイル設定

以下のディレクトリ構造(ファイル一覧)が設定されています。
表示対象のhtmlなどは保存されていません。「.log」もパーミッションでアクセスできないように設定されています。

上位ディレクトリに「エラーページ設定」のhtaccessが格納されています。

htaccessの内容

htaccess(上記「x」)は以下内容で保管されています。

ErrorDocument 401 /Error/error401.html
ErrorDocument 403 /Error/error403.html
ErrorDocument 404 /Error/error404.html
ErrorDocument 500 /Error/error500.html

サンプルの実行

ページ表示時にエラーが発生するとApacheのデフォルトエラー画面が表示されます。

(例)当環境では権限なしエラーの場合、以下の画面がデフォルトで設定されています。

上記のhtaccessを設定することで、エラー時に表示されるページを指定することができます。
以下をクリックすると、権限エラーとなります。このときhtaccessで指定した「/Error/error403.html」が表示されます。

http://htaccess.cman.jp/sample_go/error_page/

ページTOP
広告
QrCode
このページのURL
スマートフォン・タブレット運営:株式会社シーマン